カウボーイ・ジャック・ランザ (*) Cowboy Jack Lanza
 ブラックジャック・ランザ Blackjack Lanza

初来日時

(撮影:HARU一番様)
  ■ニックネーム:黒い荒馬
■本名:ジョン・モートル・ランゾ(Lanzo)
身長・体重:190センチ、115キロ
生年月日:1942年10月14日(2021年12月8日没)
■出身地:米・ニューメキシコ州アルバカーキ出身
得意技:ブレーン・クロー
■主要タイトル:
 WWA世界ヘビー(インディアナ版)
 WWA世界タッグ(インディアナ版)
 WWWF世界タッグ
 アメリカン・ヘビー(ダラス版)
 アメリカン・タッグ(ダラス版)
 AWA世界タッグ
 ジョージアTV

■来日回数:3回
■参加シリーズ:
 41 7(日) 【特】ゴールデン・S (*)
 41 7(日) 第一次サマー・S(残留) (*)
 46 7 (国) ビッグ・サマー・S
 53 12 (全) 世界最強タッグ決定リーグ戦
 
 AWAとWWWF地区で活躍した大型ラフファイターで、元々はカイボーイ・ジャック・ランザのリングネームでカウボーイ・スタイルの正統派だった。初来日当時はこのカウボーイギミックで登場したが、強烈なインパクトは残せず。

 しかし1967年頃にインディアナポリスのWWAに転戦した際に、マネージャーであるボビー・ビーナンのアイディアで用心棒キャラに変身し、成功を収めた。ブラックジャック・マリガンとの「ザ・ブラックジャックス」ではブル&クラ・コンビとの抗争で名を挙げWWA世界タッグを獲得、ニューヨークに転戦してもWWWF世界タッグを獲得した。マリガンとのコンビ解散後はボビー・ダンカンとコンビを結成してAWA世界タッグ王座を獲得している。

 1982年ごろ体調不良でリングを遠のいていたが、1984年の復帰時にはコスチュームを黒から白に変えて正統派に転向。AWA地区をサーキットしていたジャンボ鶴田のAWA世界ヘビー級選手権にも挑戦し、その試合の様子はNTVの中継で日本でも放送された。

 2021年12月8日没。