カール・カールソン Karl Karlsson
  ■ニックネーム:人間重戦車
■本名:カール・カールソン?
身長・体重:193センチ、120キロ
生年月日:1927年3月27日
■出身地:米・ミシガン州出身 
得意技:タックル
■主要タイトル:
 スカンジナビア・ヘビー
 スウェーデン・ヘビー
 USタッグ(トライステート版)
■来日回数:2回
■参加シリーズ:
 40 9(日) ハリケーン・S
 43 9(日) ダイヤモンド・S
 
 大学教授の父を持ち、自らも大学で動物分類学を専攻していたというインテリ。大学時代に自然調査中にグリズリーに襲われて左目はほぼ失明している。テキサスではレスラーよりも動物学者としての方が有名だという。しかしリングに上がると皮製のヘルメットを付けて殴る蹴るの暴走ファイトを得意とした。テキサス修行時代のアントニオ猪木とも何度も対決している
 昭和43年の来日時はキラー・カール・コックスとのコンビでインター・タッグにも挑戦している実力者だった。昭和40年の来日時にはシリーズ後に大木金太郎と共に韓国に遠征している。来日時に皮製のヘルメットを紛失したが10日後に手元に戻り、日本人の親切さに感激しきりであったという。