カール・フォン・ストロハイム Karl Von Stroheim
  ■ニックネーム:ドイツの吸血鬼
■本名:ウォルター・レオ・ナンバーグ
身長・体重:191センチ、120キロ
生年月日:1928年10月15日(2006年8月13日没)
■出身地:カナダ出身
得意技:トーキック
■主要タイトル:
 ウエスタンステーツ・ヘビー(アリゾナ版)
 南部タッグ(テネシー版)
 インターナショナル・タッグ(アマリロ版)
 WWA世界タッグ(ロス版)
 IWA世界タッグ(オーストラリア版)
■来日回数:2回
■参加シリーズ:
 39 10(日)【特】プロレス秋の陣
 39 12(日)WWA世界選手権S(残留)
 47 11(新) ニュー・ダイヤモンド・S
 
 ドイツ出身といわれていたが実際はカナダ出身のようだ。学生時代にアマレスに熱中。卒業後にカナダに渡りプロレスラーとしてデビュー。「兄」のクルトとのストロハイム兄弟として一世を風靡した。クルトは実兄だといわれていたが、どうやら従兄弟らしい。
 クルトとのタッグを解消したあとは、デトロイト、ジョージアなどをサーキットして廻っていた。新日本プロレスに来日した際は単なるロートル・レスラーになってしまっていた。