キラー・X Killer X
 (a.k.a. フランク・タウンゼント Frank Townsend)
  ■ニックネーム:覆面男爵
■本名:フランク・タウンゼント
身長・体重:198センチ、118キロ
生年月日:1935年(1967年没)
■出身地:米ニュージャージー州出身
得意技:ダイビング・ボディプレス
■主要タイトル:
 インターナショナル・タッグ(ミネアポリス版)
■来日回数:1回
■参加シリーズ:
 38 3(日) 第5回ワールド大リーグ戦
 38 5 (日)世界選手権シリーズ(残留)
 
 正体はミネアポリス地区で活躍したフランク・タウンゼント。イギリス代表として第5回ワールド大リーグ戦に参加。父母はイギリス人だが本人はアメリカ生まれである。
 試合ぶりはそのリングネームとは裏腹にかなりオーバーアクションでコミカルなものであった。力道山に負けたときにマスクをはがされ、シリーズ途中から素顔でファイトしている。このキラーXなるギミックは日本限定のものだったようである。
 1967年頃に謎のピストル自殺を遂げた(ボートで事故死説もある)。