ロニー・エチソン Ronnie Etchison
 キング・オブ・マスク(*) The King Of Mask

初来日時

マスク着用時

昭和48年来日時(撮影:花園えびす様)
  ■ニックネーム:ミズーリの竜巻
■本名:ロニー・エチソン
身長・体重:186センチ、110キロ
生年月日:1924年(1994年3月4日没)
■出身地:米・ミズーリ州セントジョセフ出身
得意技:ジャイアントスウィング
■主要タイトル:
 ミズーリ・ヘビー
 モンタナ・ヘビー
 パシフィックコースト・ヘビー(シスコ版)
 パシフィックコースト・タッグ(シスコ版)
 NWA世界タッグ(シスコ版、フロリダ版)
 インターナショナル・タッグ(ジョージア版、カルガリー版)
 セントラルステーツ・ヘビー
 北米タッグ(セントラルステーツ版)
 USヘビー(セントラルステーツ版)
■来日回数:3回
■参加シリーズ:
 36 4 (日) 第3回ワールド大リーグ戦
 36 11 (日) プロレス冬の国際試合(*)
 48 8 (全) ワールド・チャンピオン・S
 
 初来日の際には、50枚を超す衣装を持って来日し毎日違うコスチュームで登場したと言うお洒落な面もあったが、気性はかなり激しく「火の玉エチソン」というニックネームを付けられた。「ワールド大リーグ戦」では白覆面を付けてファイトする事もあった。
 昭和36年11月の2度目の来日の際には、キング・オブ・マスクと名乗り、ミスター・フー(ロッキー・ハミルトン)との赤覆面コンビで来日したが、来日第一戦での力道山、吉村組とのタッグ・マッチの前にリングサイドで観戦していたゼブラキッドが「おまえらの正体は解っているぞ!」とやじり、これに激怒して自ら覆面を取って正体を暴露してしまったため、覆面のキング・オブ・マスクとしては一度も試合をしていない。
 アメリカでは主に中西部地区で活躍、かなり高齢になるまで現役を続けた。引退後は同地区のレフェリーとして活躍。1994年3月4日に老衰により他界。