サンダー・ザボー Sandor Szabo
  ■ニックネーム:雷帝
■本名:レオ・ケレオテス
身長・体重:183センチ、107キロ
生年月日:1908年(1966年10月16日没)
■出身地:ハンガリー・ブタペスト出身
得意技:
 フロントネック・チャンスリー、ジャイアントスウィング
■主要タイトル:
 世界ヘビー(ミネアポリス版)
 パシフィックコースト・ヘビー(シスコ版)
 パシフィックコースト・タッグ(シスコ版)
 ハワイ・ヘビー
■来日回数:1回
■参加シリーズ:
 38 4(日) 第5回ワールド大リーグ戦
 
 「雷帝」と呼ばれたハンガリー出身の選手で、1941年6月4日にセントルイスでブロンコ・ナグルスキーを破り、第20代 NWA世界ヘビー級王者になっている。王座転落後はプリモ・カルネラや、ロニー・エチソンとのコンビで西海岸版の世界タッグ王者になっている。
 来日時は峠を過ぎていたが、さすが元世界王者の貫禄はあったという。フロント・ネック・チャンスリーの元祖で若き日の猪木にもこの技をコーチ。猪木はアントニオ・ドライバーと名づけてフィニッシュにしていた。来日の3年後に逝去。