ジン・ラーベル Gene Le'Bell

初来日時

昭和48年来日時(撮影:花園えびす様)
  ■ニックネーム:青い目の三四郎
■本名:ユージン・ラベール
身長・体重: 185センチ、110キロ
生年月日:1932年10月9日
■出身地:米・カリフォルニア州ロサンゼルス出身
得意技:スリーパーホールド
■主要タイトル:
 
WWA世界ジュニアヘビー(ロス版)
 ハワイ・ヘビー
 北米ヘビー(アマリロ版)
 WWA世界タッグ(インディアナ版)
 オハイオ・タッグ
■来日回数:3回
■参加シリーズ:(*はレフェリー)
 39 4(日) 第6回ワールド大リーグ戦
 48 7(新) サマー・ファイト・S
 51 6(新) 格闘技オリンピック*
 
 ロスの興業権を独占していた女帝アイリーン・イートン女子の息子で、ジュリアス・ストロンボーの退陣後にプロモーターとなったマイク・ラベールの弟。アメリカ・ナショナル・レベルでは名を馳せた柔道家であった。マスクマンのザ・ハングマンとして、2号とのコンビで活躍した時期もある。
 レスラーとしては一流とはいえなかったが、実はシューターで、ロスマットのポリスマンをつとめ、わがままなミル・マスカラスをバトルロイヤルで制裁したこともあった。日本では何といっても猪木VSアリの世紀の対決のレフェリーを勤めた事が特筆される。現在はアメリカ柔術協会のチェアマンで、スタントマンとしても多くの映画に登場している。日本ではラーベルという表記が一般的だが、ラベールが英語の発音に近い。(追加情報 :JOE HOOKER SR氏)

公式サイトはこちら