ドン・ジャーディン Don Jardine
 ザ・ブッチャー (*) The Butcher
 ザ・スポイラー (**) The Spoiler
 スーパー・デストロイヤー (***) The Super Destroyer

ザ・ブッチャー

ザ・スポイラー

スーパー・デストロイヤー
(撮影:HARU一番様)
  ■ニックネーム:略奪魔、超破壊仮面(***)
■本名:ドナルド・D・ジャーディン
身長・体重:193センチ、125キロ
生年月日:1940年(2006年12月16日没)
■出身地:
カナダ・ニューブランズウィック州モンクトン出身
得意技:ブレーンクロー
■主要タイトル:
 カナディアン・タッグ(バンクーバー版)
 アメリカン・ヘビー
 テキサス・ヘビー
 IWA世界ヘビー(オーストラリア版)
 北米ヘビー(プエルトリコ版)
 ジョージア・ヘビー
 フロリダ・ヘビー
 ナショナル・ヘビー(ジョージア版)
■来日回数:8回
■参加シリーズ:
 38 7(日) 夏の国際試合
 40 9 (日)【特】ハリケーン・S (*)
 44 7 (日) 第一次サマー・S (*)
 46 8 (日) サマー・ミステリー・S (**)
 48 1 (日) 新春チャンピオン・S (**)
 51 8 (全)【特】ブラックパワー・S (***)
 52 4 (全) 第5回チャンピオン・力ー二バル (***)
 55 2 (新) ビッグ・ファイト・S (***)
 
 ドン・ジャーディンほど日本でその正体を替え、長年にわたり日本で活躍したレスラーもないだろう。まず力道山時代にドン・ジャーディンとして来日。昭和40年にはザ・ブッチャーとして馬場のインター選手権争奪戦の相手をして引分けているが、自動車事故で負傷し馬場と決着をつけぬまま帰国した。
 昭和48年にはマスクを被って、ザ・スポイラーとして来日。この時は、ガイ・ミッチェルが正体のレッド・デビルとのコンビで大木、坂口組のインター・タッグに挑戦している。このキャラクターではWWF地区で活躍し、マスカラスのMSG初登場の相手を勤めたが、マスカラスはマスクを被るのを許されたにもかかわらず、スポイラーは素顔で闘う事を強要された。
 昭和51年にはスーパー・デストロイヤーとして本家ザ・デストロイヤーの覆面10番勝負の最後の相手を勤め、デストロイヤーに負け、覆面をはがされ素顔をさらしている。正体が割れた後も2度来日しているが、昭和55年の最後の来日では完全に峠を越しており、往年の迫力はなくなっていた。その巨体にもかかわらずトップロープを歩くバランス感覚は驚異的だった。しかし最後の来日では腰を痛めていたようで、本領を発揮できずファンを失望させた。
 サニー・クーパーが本名だといわれていたが、これはリングネームで、ドナルド・ジャーディンが本名であることが判明している。